オススメリンク

無足場工法でリフォームしてもらうなら:無足場外壁リフォーム業者を比較・検証
ボロボロの壁もキレイに!塗装なら埼玉のこちらにお任せください。外壁をキレイにするだけでなく、防水などの耐久性に優れた加工もできますよ。
壁に美しさを取り戻したい!東京で外壁塗装をしてもらうならこちらがオススメです。新築の時のようなキレイな壁を取り戻しませんか?

アーカイブ

カテゴリー

外壁塗装の塗料の追加機能についてはさまざまなものがあります。
優れた追加機能として、雨や風などの自然の力によって外壁のセルフクリーニングを行なう塗料があります。
外壁のセルフクリーニングを行なう塗料には、光触媒塗料という種類があります。

この塗料がどのようにしてセルフクリーニング効果を発揮するのかというと、まず紫外線に反応します。
内成分である酸化チタンは、紫外線があたることによって分解力や親水性を発揮させます。
塗装の表面に付着している汚れや細菌などを分解したのち、その汚れなどの下に水が入りやすくなります。
汚れの下に水を入り込ませ浮き上がらせることによって、雨水などで外壁表面がキレイになる仕組みになっているのです。

新築の一戸建てやリフォームの場合、自分で好きな塗料を選択することが可能です。
環境面やコスト面などのことをしっかりと考えて、最適な塗料を選択することが大切です。

合成樹脂を成分とした塗料は、高性能なものが多く人々の生活を支えています。
昔から使用されていた塗料と比べると、耐久性や色の鮮やかさなどに優れています。
ですが、化学物質を使用していることによって問題もあります。
外壁塗装などに使用することによって、シックハウス症候群や化学物質過敏症などの症状を引き起こす場合もあります。

化学物質に過敏な場合、一戸建ての注文住宅であれば現在健康住宅が人気です。
健康住宅は別名自然住宅とも呼ばれていて、自然素材を使用して住宅建築を行っているのが特徴となります。
自然素材には数多くの種類があるため、外壁塗装に関しても自然素材での塗装が可能となります。
自然素材を使用することでコストはかかりますが、頻繁なメンテナンスやリフォームなどの周期が比較的短くて済みます。

また、化学物質を使用しても人や環境に悪影響を与えないように考えられた塗料の開発が現在課題となっています。
さまざまな問題点を解決して、新しい塗料を低コストで使用することが可能になる時代も遠くないでしょう。

外壁塗装に使用される塗料として主な合成樹脂四種類の特徴を説明しましょう。
リフォームの際などに必要になってくる知識のため、しっかりと把握するようにしましょう。

まず新築住宅で基本的に多く使用されている種類は、アクリル樹脂になります。
耐久年数は5年から6年ほどと、ほかの種類と比べるととても短くなっています。
しかし耐久年数を意識せず外観のデザインを頻繁に変更したりする場合には、低価格で塗りかえることに効果的な種類となります。

アクリルの次のグレードにウレタン樹脂があります。
ウレタンの耐久年数は長くて10年ほどになりますが、年数の割にあまり高価格設定が行われていないため人気な種類となります。
また、汚れにくさなども特徴となっています。

シリコン樹脂は、性能や価格面などウレタンとほとんど変わらないものとなっています。
ウレタンと比べると耐久年数が多少長くなっていて、塗りかえ時に多く使用される種類となっています。
外壁以外にも、一戸建ての屋根部分などにも多く使用されている塗料になります。

耐久性がダントツに高い塗料としては、フッ素樹脂が挙げられます。
フッ素の耐久年数は短くても15年ほどとなっており、長くて20年の期間長持ちさせることが可能です。
高価格ではありますがこのような耐久年数の長さから住宅というよりも、ビルや橋などの塗りかえサイクルが長い箇所に使用されることが多くあります。